#01#02#03#04#05#06#07#08#09#10
「これからもいろんなことがあると思う。現実はきっと、みんなに微笑んでばかりはくれない。でも、自分を信じて、仲間を信じて、そうすれば必ず未来はみんなに微笑んでくれる。だから大丈夫だよ、生徒諸君!」(2年3組の生徒たちへの最後の言葉)

今日で、みんなとお別れだね・・・短い間だったけど、ほんとにいろんなことがあったよね。ドッジボールで思いっきりボールを投げつけられたこともあったし、バスケの試合のために猛練習したこともあった。あたしのためにみんなが教室に立てこもったこともあったね。辛かったことも楽しかったことも、今となってはぜんぶいい思い出だよ。

みんなが高校生や大学生や社会人になっても、辛いことはたくさんあると思うんだ。でも、乗り越えられないことなんてないんだよ。みんなは、あんなに深い心の傷を克服して、今はこうやって笑うことができてるんだもの。それに、今のみんなの目には、未来への希望があふれてる。ボールといっしょにみんなの決意も受け取ったよ。その気持ちを忘れなければ、きっと何があっても大丈夫!

あたしだって、みんなと過ごした日々の中で、きっと一回りも二回りも大きく成長することができたと思うんだ。みんなの卒業までいられないのが残念だけど、これからどんな学校に行っても、みんなのこと、絶対に忘れないよ。だって、みんなはあたしの初めての生徒なんだから。あたしは新しい場所で今まで以上にがんばるって約束する。だから、みんなも今まで以上にがんばってよね。ますます素敵になったみんなと再会できるのを楽しみにしてるよ!

もしかしたら、今度は、これを見てるあなたの学校に行くことになるかもね! そのときは、よろしくね! 生徒諸君!

トップへ戻る