皆様、はじめまして。4月スタートの金曜9時放送ドラマ「生徒諸君!」、こちらでは撮影時や制作にまつわる、ほやほやのエピソードをご紹介していきますので、よろしくおつきあいください。

さて3月中旬のクランクインを控え、スタッフは毎日、脚本作りやロケハンやセットデザインや美術装飾制作や衣装決め等々、準備にいそしんでおりますが、学園が舞台のドラマだけあって、とにかくキャスト&スタッフの数が多い。なかなか顔と名前も一致しにくい。これは早急に親睦会をせねば。そんな声が日々高まる中・・・主人公・北城尚子(ナッキー)の得意なスポーツといえば、バスケットボール!というわけで、急遽「ドラマ『生徒諸君!』親睦バスケットボール大会」が開催されました。

所は横浜文化体育館、集まったのは我らがナッキーを演じる内山理名さん、御園中学2年3組の生徒役を演じる皆さん、監督以下スタッフの総勢45名。内山さんが生徒たちに会うのは、今日が始めてです。「私のことを先生と呼んでください」という第一声に、待ってましたと拍手&大歓声が沸きました。まずは小田康さんのご指導のもと、和気あいあいと入念なアップとパス&シュートの練習。毎日ジョギングやテニスをしているという内山さんは、体力絶頂期の生徒たちに負けないムードです。一方私を含め四捨五入すると不惑の年のスタッフ若干名は「とにかく怪我のないように」を念仏のように言い聞かせつつ、いよいよ生徒チーム5組、内山理名さん含めての大人チーム3組の計8組によるトーナメント戦の火ぶたが切って落とされました。

いざ試合が始まると親睦ムードは吹っ飛んで、いい大人が子供相手に真剣勝負。なんせ優勝賞品の「○○苑のしゃぶしゃぶ食べ放題」がかかっているのです!「大人は自分で食べに行けよ」というつっこみもなんのその、決勝戦は、生徒A組VS大人F組 という構図に。勝つ為なら手段を選ばない大人たちは、実はスポーツの得意な内山さんをはじめ元バスケ部や現役アスリートをこのF組に集めていたのです。「大人はきたない」と生徒たちが一致団結し、「○○苑」コールの大合唱が巻き起こる中、決勝は延長戦までもつれこみ、最終的にはめでたく生徒A組が優勝いたしました。今日初めて会った生徒たちも多い中、既に鉄壁のチームワークが出来上がったようです。

一方、膝にアザまで作って一緒に本気で試合に臨んでいただいた内山さんは、優勝は逃したものの、シュートを次々と決めて得点王に輝きました。「子供たちが大人とは違う考え方で攻めてくる」のを実感したという内山さん、クランクインを前にこれから演じるナッキー像も広がってきたようです。

最後になりましたが、このたびJBL(Japan Basketball League)の皆様には、セミファイナル開催中にもかかわらす温かいご協力を賜り、この親睦会が実現いたしました。どうもありがとうございました。

(文責 プロデューサー 津川)