4月12&18日 山ロケ

皆さん、怒涛の第2話はお楽しみいただけましたか。
2年3組の心の闇の原因が明かされましたね。

あの回想シーンのロケは、実際も本当にエラい大変でした。だから、「こんな目にあったら、全員不登校になってもおかしくない!」と、劇中の生徒達にむちゃむちゃ共感してしまいました。あの数分のシーンは2度にわたってロケが行われたのですが、2回目の18日は、東京では春の雪が舞うほどの寒さと大雨に見舞われたのです。

昼間のシーンを撮影しつつ、夜の現場用に重いカメラ機材や照明機材、寒さ対策のテントやストーブ・毛布等を抱えて、泥だらけの坂道を何度も往復しました。なんせ山の中ですから、照明スタッフの皆さんは撮影用のみならず、みんなの移動の為にも山道に照明を仕込んでくれました。連日の撮影に、疲れた身体と気力をふりしぼって撮影が行われましたが、ぬかるみに足をとられ転倒者は続出し、大量の雨降らしに打たれパンツまでぐしょぐしょになり、それでもみんな弱音を吐かずに頑張りました

最後のカットが終わって「チェックOK!」の声が聞こえると、感動で涙涙の拍手〜!

あの日、私達も地獄を見ましたが、あの感動も忘れないでしょう。

(文責 津川)