第8話をお楽しみいただきありがとうございました。

さて今回から、尚子の部屋が新たに登場しました。教師としては完全無欠の尚子ですが、自分のことはからっきし不得意。特に自分の部屋の片付けや料理などはダメダメな様子。どうやら、いざ片付けようとしても学校や生徒のことで考え事があったりすると、そのままそっちに突っ走っちゃう性分のようです。そんな弱点がある所がまたかわいい、なんて思った今回ですが、せっかくですので尚子の部屋を少し紹介しましょう。

6月4日に 尚子の住むマンションのセットが初お目見え。朝からここに足を踏み入れるスタッフがもれなく「うわっ!」と叫ぶそのセットは、足の踏み場もないパラダイスと化しておりました。

いざリハーサルでスタジオに入った内山理名さんも思わず「えっ?きったな〜い!」と笑いつぶやきながら、さっそく探検。居間にはまるでジムのようにトレーニングの器械やバランスボールが所狭しと占拠、また国語の教師だけに半端じゃない量の本や雑誌や資料が積み上げられる中、理名さんが思わずつっこんだのは、これ。

多すぎるバスケボールの横の「3段重ねのエアまくら」って!(どんだけ首長いねん!)

私が気になったのはこの一角。

玄関の横なのですが、「盆と正月」ならぬ「クリスマスと正月」がいっぺんに来てる・・・
って、今、6月やし!ちなみに寝室にもツリーが飾ってあります。

そして、原作を読んだ方なら思わず探すのが、これですね。

右横の写真、気になります? これは次回のお楽しみ、ということで・・・

(文責 津川)