生徒諸君!金曜 午後9時放送  
 
News Story Cast Original Music Staff Mobile
Staffdiary スタッフ日記 ThemeBBS 視聴者諸君! Our Teacher 担任の先生 Cheer up! 尚子の元気になるひとこと Class 2年3組 School 御園中学校 Teachers 職員室 Download ダウンロード Top トップページ
 
 
Story あらすじ  
おさらい 第4話 5月11日放送 バックナンバー
相関図

生徒たちを裏切った担任教師を連れて来て謝らせると約束した尚子(内山理名)だが、それを守ることができなかったために「嘘つき先生」と呼ばれてしまい、2年3組の生徒たちからますます憎まれることになった。それでもめげずに、バスケットボール部の顧問として生徒たちに練習参加を呼びかけたり、携帯電話の番号とメルアドを配って悩みでもなんでも伝えてほしいと訴えかける尚子。だが、放課後の部活には誰もやってこず、携帯には山のような非難のメールが届くだけだった。

そんな矢先、2年3組の岡沢茉莉(夏未エレナ)と白井直輝(若葉竜也)の不登校問題を話し合うために、教育委員会の日向悠一郎(椎名桔平)がやって来た。不登校が1年を超えたため、教育委員会が管轄するフリースクールへ2人を入れようと提案しに来たのだ。フリースクールの有効性を認めながらも、学校の方から一方的に生徒を見放すやり方には納得できない尚子は、2人を必ず学校に来させてみせる、と日向に向かって宣言した。

早速直輝の家を訪れた尚子だが、母・良実(中島ひろ子)からは、直輝が外の世界に出られればどちらでもかまわないと言われてしまう。一方、フリースクールへ通い始めた茉莉の力になろうと、尚子はボランティアでフリースクールの教師に。直輝のためにノートをまとめる茉莉に気づき、「自分も怖い目にあったのに、他のだれかのこと思いやれるなんて」と感心し、学校に来るよう説得するが、茉莉は応じようとしない。茉莉は、親友のあゆみ(南沢奈央)を通じて、尚子をフリースクールに来させないよう3TDに依頼。それを受けた珠里亜(堀北真希)、公平(本郷奏多)、薫(岡田将生)の3人によって、尚子は体育用具室に閉じ込められてしまう。そんな尚子に、あゆみが茉莉の不登校の理由を告白した。学級委員だった茉莉は事件の責任を感じ、直輝が来るまでは学校に行かないと決めていたのだ。茉莉の本当の気持ちを知った尚子は、自力で用具室を抜け出し、フリースクールへ。だが、直輝が自分を恨んでいると思う茉莉は、一緒に直輝の家に行こうという尚子の誘いを拒むのだった。

良実が学校へやってきて、直輝を転校させると尚子に告げた。納得できない尚子は、再び直輝を訪ね、必死に励ます。それでも拒む直輝に、尚子は白井家の前で座り込みを始めた。それを聞きつけて来た日向は、もし直輝が自殺したら責任が取れるかと尚子に言い放つ。どんな生き方でも生きてほしいという日向の言葉に自問自答した尚子は、直輝の転校を受け入れようと決めた。茉莉に直輝の転校を伝え、「一度だけでもいい。出席取りたかったな」と泣きながら直輝の名を叫ぶ尚子。

直輝の引っ越しの日。母の運転する車で出発しようとした直輝。その車を追ってきた茉莉が「許してくれなくても、白井くんのこと、絶対に忘れないから」と訴えた。直輝は辛そうに目を閉じ…

ホームルームでは、尚子が30人で最後となる出席を取ろうとしていた。白井直輝の名前を呼び、ぐっと堪えて次の名前を呼ぼうとしたそのとき、「はい!」という声とともにドアが開き、直輝と茉莉が姿を現した。礼を言う尚子に、茉莉は直輝の勇気とウザい先生の力だと答えた。

夕方、全員出席の印が付いた出席簿を見て微笑む尚子に、差出人不明のメールが。そこには、ただ一言「助けて」と書かれていた…