生徒諸君!金曜 午後9時放送  
 
News Story Cast Original Music Staff Mobile
Staffdiary スタッフ日記 ThemeBBS 視聴者諸君! Our Teacher 担任の先生 Cheer up! 尚子の元気になるひとこと Class 2年3組 School 御園中学校 Teachers 職員室 Download ダウンロード Top トップページ
 
 
Story あらすじ
おさらい 第7話 6月1日放送 バックナンバー
相関図

「1年前、山で遭難したのは生徒たちのせいではありません。道に迷った担任の教師に、置き去りにされたせいです!」記者会見に乗り込み、事件の真相を暴露した尚子(内山理名)。会場は騒然となるが、日向(椎名桔平)はそれを作り話だと否定して、強引にその場を収めてしまう。

会見を終えて尚子に懲戒免職を通告した日向は、自分の弟がイジメで自殺したことを打ち明けた。学校やマスコミに相手にされず、現実を思い知らされた日向は、教育制度を変えるために文部科学省での出世を目指してきたという。告白に驚きながらも、生徒たちは“今”助けを求めていると訴えた尚子だが、逆に日向から免職になるような行動を取ったことを責められてしまう。

一方、尚子を心配する2年3組の生徒たちは、珠里亜(堀北真希)ら3TDに、尚子を辞めさせないよう依頼。だが、珠里亜は、信じられる大人なんていないと言い捨て、公平(本郷奏多)とともに教室を出て行ってしまう。

残った生徒たちは、薫(岡田将生)を中心に、教室の出入り口をバリケードで固め、尚子の復帰を求めて立てこもりを始めた。宮沢教頭(渡辺いっけい)をはじめとする教師陣の説得にも応じる気配はない。騒ぎを聞きつけて集まったPTAの要望を受けて、ついに岸本校長(小林稔侍)みずから生徒たちの説得に当たることに。だが、校長の言葉も、尚子の復帰を訴える生徒たちには通じない。

疲れ果てた校長は、自分の先輩にあたる亀田(志賀廣太郎)に愚痴をこぼした。だが、亀田はそんな校長に向かって、生徒たちが求めているのは、「熱意があって、生徒を信じて、自分よりも生徒のことを思って、いつも笑っている」教師だと言い、「まるで30年前のお前だな」と指摘した。

そんななか、ホテルに居るよう指示されていた尚子は、訪ねてきた公平から2年3組の生徒たちが教室に立てこもっていることを知らされる。驚いた尚子は、居ても立ってもいられず、走り出していく。

夜が明けようとする学校に尚子が駆けつけてきたが、教師陣によってむりやりタクシーに乗せられて追い返されてしまう。だが、同乗した玲奈(上原美佐)の協力で、尚子は学校に再び戻ることができた。校内放送を使い、生徒たちに立てこもりを止めるよう説得する尚子。「みんなはもう1年前のみんなじゃない。ちゃんと一歩前に踏み出せたんだね。1年前の事件に自分たちの力で勝ったんだね」と励まし、「信じてるよ」と言い残した。それに応えた生徒たちはバリケードを解き、晴れ晴れとした表情で外に出てきた。尚子の行動に心を打たれた校長は、日向に対し懲戒免職の撤回を申し出て、「あの先生はこの学校に必要です」と言った。

再び担任として復帰した尚子だが、珠里亜の不在を気にかけ、公平を呼び止めた。今まで送られてきた「助けて」という差出人不明のメールを見せると、そのアドレスから送り主が珠里亜であることが判明した。

同じ頃、学校の屋上では珠里亜が飛び降りようとしていた…。