生徒諸君!金曜 午後9時放送  
 
News Story Cast Original Music Staff Mobile
Staffdiary スタッフ日記 ThemeBBS 視聴者諸君! Our Teacher 担任の先生 Cheer up! 尚子の元気になるひとこと Class 2年3組 School 御園中学校 Teachers 職員室 Download ダウンロード Top トップページ
 
 
Story あらすじ
おさらい 第8話 6月8日放送 バックナンバー
相関図

珠里亜(堀北真希)が学校の屋上から飛び降りようとした。尚子(内山理名)が飛びかかってなんとか阻止したものの、珠里亜は「あたしはいつだって一人だった。だから、ほうっておいて」と心を閉ざす。ところが、知らせを聞いて駆けつけた伯母の信子(東ちづる)に対しては、珠里亜は一変して明るい笑顔を見せ、大丈夫だと答えた。豹変振りに驚く尚子。公平(本郷奏多)も「あれはウソの珠里亜だ」と言う。

事件を受けて珠里亜を厄介払いにしようとする宮沢教頭(渡辺いっけい)らと、反発する尚子は口論になってしまう。だが、日向(椎名桔平)はそんな一同を一喝し、冷静に話し合うよう言い渡した。教師という職業に初めて怖さを感じたと弱音を吐く尚子だが、日向からは慰めの言葉もない。

2年3組の教室は、珠里亜の話題でもちきりに。公平は、薫(岡田将生)が3TDを抜けたせいだ、と責めた。2人は取っ組み合いのケンカを始めてしまう。割って入った尚子は、2人を呼び出し、珠里亜が一人ではないということを信じさせてやって、と頼むのだった。

自宅に戻った珠里亜は、信子を前に明るい表情を装っていたが、信子の息子・泰人(松尾敏伸)が帰ってくると聞き、激しく動揺する。

その夜、珠里亜は公平を呼び出す。ホテル街を歩いていた2人は、警察に補導されてしまった。珠里亜から「公平とならいい」とホテルに誘われた公平は、駆けつけた尚子から事情を聞かれると、珠里亜がヤケになっているといらだつ。尚子は公平を励まし、どっちが先に珠里亜の心に届くか競争だね、と微笑んだ。

日向が珠里亜の調査書を持ってきた。弟は8年前に病死、以来母親も精神を病んで入院していた。病気による3年間の休学も、実は、弟につきっきりになった母親が珠里亜の面倒を見ず、小学校にもまともに通えなかったためだったのだ。あまりに残酷な事実に愕然とする尚子。「その生徒の闇は深い」と言う日向に、尚子は必ず珠里亜を助けると宣言する。

翌朝、珠里亜は密かに荷物をまとめ家を出ようと決心。そこへ泰人が突然帰宅した。「おもちゃは黙って言うこと聞いてりゃいいんだ」と、泰人は当然のように珠里亜に襲いかかった。だが、異変を察知した公平と薫が駆けつけ、間一髪で珠里亜を助け出した。

助けられた珠里亜の元に駆けつけた尚子は、公平と薫を学校に行かせると、珠里亜を自宅のマンションへ連れて行き、散らかった部屋を片付けるのを手伝ってほしいと頼んだ。「辛いこと忘れるのには、体動かすのが一番だから」。片付けながら、珠里亜に話しかける尚子。「こんな目に遭ってるって、言えっていうの」と尚子に反発していた珠里亜だが、尚子に「黙ったままでいるより、他人に頼った方が楽になることもある」と諭され、過去を語り出す。弟の世話で母親に放っておかれたこと、伯母の家に引き取られ泰人からイタズラを受けたことを告白し、「なんで死なせてくれなかったのよ!」と尚子を責める珠里亜。もう学校にも居場所がなくなったと嘆く珠里亜に、尚子は公平や薫がいると励ます。尚子のマンションの前には公平と薫が駆けつけていた。2人に励まされ、珠里亜もようやく笑顔を見せた。3TDは解散し、珠里亜はしばらく尚子の家に住むことになった。

尚子は、信子の家を訪れる。珠里亜のことで話があるという尚子に、信子も険しい表情で「わたしもお話したいと思っていたところです。あの性悪娘のことで」と言い放つのだった…