生徒諸君!金曜 午後9時放送  
 
News Story Cast Original Music Staff Mobile
Staffdiary スタッフ日記 ThemeBBS 視聴者諸君! Our Teacher 担任の先生 Cheer up! 尚子の元気になるひとこと Class 2年3組 School 御園中学校 Teachers 職員室 Download ダウンロード Top トップページ
 
 
Story あらすじ
おさらい 第9話 6月15日放送 バックナンバー
相関図

尚子(内山理名)が、珠里亜(堀北真希)の伯母・信子(東ちづる)を訪ねると、信子は珠里亜を性悪娘と呼び、息子・泰人(松尾敏伸)の責任を認めようとしない。泰人も謙虚な態度を装い、珠里亜が自分を誘惑しようとしたとウソをつく。そんな泰人に猿芝居は止めろと迫る尚子だが、逆に家から追い払われてしまう。怒りの治まらない信子は、教育委員会に電話をかけ、尚子が息子を侮辱したと抗議した。

帰宅した尚子は、一緒に信子に会いに行こうと提案するが、珠里亜はもう信子と関わりを持ちたがらない。

翌朝、学校の周りに珠里亜を中傷する怪文書が貼られているのが見つかり、学校は大騒ぎに。驚きを隠せない尚子。2年3組の生徒たちもとまどっていた。公平(本郷奏多)から怪文書を差し出され、珠里亜は思わずその場から逃げ出してしまう。そんな珠里亜に、日向(椎名桔平)は、自分の弟がイジメを受けて自殺したと告げる。もし弟の担任が尚子のような先生だったら、自殺をふせげたかもしれないという思いを伝え、「あなたには未来がある」と励ました。

珠里亜から「母親に忘れられる気持ち、どんなだかわかる?」と言われた尚子は「あたしもね、同じだったんだ」と答えた。そして、自分にも病気の姉がいて、母親が姉にかかりきりだったために、自分は祖父母にあずけられて育ったと告白。姉が死んだあと、母親は精神を病んでしまい、自分が姉のフリをして母親と接しなければならなかった過去も話した。今では母親が回復したことを伝え、希望を捨てるなと訴える尚子。

励ましに応え、珠里亜は尚子と共に母親・亜矢(長野里美)の入院する病院を訪れた。だが、亜矢は、自分には息子の和輝しか子供はいないと言い、珠里亜が自分の娘だとは気づかない。珠里亜が、和輝が死んだことを告げると、亜矢は激しく興奮し、それ以上話ができなくなってしまう。それでも、あきらめずに母親を守りたいと言う珠里亜を、尚子は笑顔で元気づけた。

珠里亜が学校に来ていないことを心配した2年3組の生徒たちは、いまだに続く怪文書を協力して回収し始める。その姿を目にした珠里亜も、仲間と共に自ら文書を回収した。自分の過去を涙ながらに告白する珠里亜を、笑顔で受け入れ、励ますクラスメートたち。珠里亜は自分も勇気を出して戦うと宣言し、尚子にもその気持ちを伝えた。

尚子に呼び出された信子は学校で珠里亜と対面。珠里亜は泰人から襲われたと伝えるが、信子は全く信じない。そんな信子に対し、幼い頃の自分を抱きしめ、8年間育ててくれたことを感謝する珠里亜。それでも泰人の方を信じ、珠里亜を責め立てる信子に、公平や薫(岡田将生)までが事件の証人として名乗り出た。尚子が、事実を受け入れて珠里亜の力になってほしいと訴えると、信子は逆上し珠里亜のことを「生まれてなんかこなきゃよかった子」とののしった。それを聞いた尚子は、信子のほほを思い切り叩き、「あんたは人として最低のことを言った!樹村さんが許しても、あたしはあんたを許さない」と言い放つのだった。